忍者ブログ
スパンキングについてとか 絵とか雑記とか。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不況ですねー皆さん
いつかまた景気回復することを夢見て頑張りましょう

そんな最中、会社からまた新たな任務(笑)が;;
今度は山奥に行かされるかもしれません;;;(国内ですが)

噂ではTVのチャンネルも3つくらいしかなく
ネット環境なんて皆無だと…

それは困る!!!!!!!!!!

山奥⇔自宅 車で片道で3時間
バリ⇔自宅 飛行機で片道6時間

もう今となってはどっちもどっちという感じです
飛行機の方が寝ていられるので楽かも…

まだバリの仕事完璧に終わってないのに…
まるで派遣社員のような気持ちです
ここ1年くらい仕事が安定しない…!!
そろそろ安定した生活を送りたいのですが社長さん




そうそう!次回の黒執事!!
セバスが鞭打ちされるシーンがあるのか!?予告でそんな事を…

スパではなく完全に拷問系であまり興味はないのですが
その窮地から這い上がり、どんなド黒さを見せてくれるかが楽しみ!!vvvv
坊ちゃんがきっと助けてくれる…よ、ね…?

ああ、主従関係万歳vvv

先日嬉しい便りを頂きました。
当ブログを見て黒執事原作を購入してハマリましたと!!!!!!!!!!
わーい嬉しすぎるvvvvvvvv一緒にドツボにはまって下さいwwww



以下、セバシエSSの続です。
以外にすんなり書けました。
それはきっとエロではなくなったからだと^^^^^
でも微妙にセバに鬼畜さが感じられますので
大丈夫な方だけどうぞ。






※※※

「…怖い?僕に恐れる理由など、どこにも無い…っ!。
お前は僕の狗だ。飼い狗を恐れる飼い主が何処にいる?。」

否定の台詞は予想通りだった
毅然として上げられた主の声に
僅かに怯えたような色が滲まなかっただろうか?
それを聞き取ろうと耳を傾けるのは
酷く愉しい事に思われて
『飼い狗』という言葉に喉を鳴らして笑う

「…そう、私はあなたの飼い狗。
高貴な御馳走を目の前にした…ね。」

その言葉がどんな意味を持つかなど承知していた
紅い瞳を細めれば
声を上げて反らされた白い首筋に
笑みを湛えた唇を触れさせる
痕が残らない程度に加減していても
肌を食むようにして口付ければ
その感触は主を犯し

「―――ふ、……ぁ………。」

雷鳴にも震える事の無い琴線をその甘やかな声は震わせる
主が好む甘いスイーツにも似て甘美な、極上の音色

束の間、本性の赴くままに貪りたいという強烈な衝動が込み上げた
襟に結んだリボンを指先に絡め、弄ぶ
いっそ一思いに解いてしまえば
清らかな白い肌が覗くのだろう

そっと主の幼い手を取れば、舌先を触れさせる
普段は温かく感じるそれは
今だけは強張り、微かに震えているようにさえ思えて
益々悪魔の愉悦を誘う
血の色のように紅く染まる瞳を見返したその瞬間、主が息を飲んだ
クスリ、と微かに笑う声が響く

「…ん…。」

故意にか小さく声を漏らして指先に今一度口付ける
―――それで、一区切り

濡れた手を解放すれば次に手を伸ばしたのは、肩―――
立ち上がり、長身を屈める
主の小さな身体は革張りの大きな椅子と黒い影のように覆い被さる男の身体に挟まれて
其処はひとつの牢獄と成す

捕らえられた獲物に対し
悪魔は一層優しく笑った

「…なんてお顔を、なさっているのですか。」
「…っ。」

次の瞬間には物柔らかな笑みが現れる
目を細めるようにして微笑い
首を傾ける仕草は優しげで
純白の手袋に包まれた手を差し伸べ
主の頬に溢れた涙を拭う

しかし、唐突なまでに突きつけられた涙色の言葉に
浮かべていた笑みは叩き落ちるように消えた

「…セバス、チャン……命令、だ…
今だけで、いい………僕を、愛せ………。」

―――身を預けた大き過ぎる椅子にそのまま吸い込まれてしまうのではないか
ふと、そんな思いが浮かぶ程に声を呑んで泣く主の姿は儚げだった
容易く手折られる華のように
今の主は『少女』でしか無く

「御意、ご主人様。」

既に唇に馴染んだこの言葉を返す

「…坊ちゃん。」

そう呼び掛けるのが、いっそ皮肉にすら思われる
頬を撫でる仕草で涙を拭っても
後から滴り落ちた雫が再びそこを濡らしてしまう
その様はもどかしい程に頑是無く見えた

両の膝を床につき、身を伸ばして主の頬に唇を寄せる
熱い涙が唇を濡らすのも構わず、そこに口付けた

「…嗚呼、こんなに震えて…。
お寒いのでしょう。窓を閉めましょうか。」

言い置いて立ち上がり胸に手を当てて僅かに頭を垂れれば
にこりと笑んで見せる


―――今の自分は首輪付きだ
主が望むならばどんな命令にも従う忠実な狗
そして『悪の貴族』『女王の番犬』と忌まわしい名で呼ばれてもなお
人としての心というものを放棄しない―――出来ない、幼い主


妖しい雰囲気を解き、窓辺へと向うその背中には
いつもの執事たる姿しか存在していなかった

英国の冬、極寒の月夜だった
冷えた冷気が執事の漆黒の髪を靡かせ表情を隠す
例え、其処にどんな笑みが浮かんでいようとも―――


※※※
完全にセバ視点と化しました(笑
あれー18禁予定だったのに^p^
ちょっと切ない感じになってしまったのは私の趣味ですすみませんすみません;

セバスの何考えてるんだコイツ的な雰囲気が少しでも伝われば御の字です
坊ちゃんに対する言葉使いは好き。

うーんでもほんとひY文にする予定だったのに
全体的にほんとセンスないな自分。
改めて雰囲気を文章にする難しさを痛感しております

二人の関係には恋愛感情はないものだと思われます(報われないですが;;
でもそれ以上に大きな契約という絆で結ばれていればな、と
…でも若干のシエ→セバがあった方が好きかも(爆

 

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ zapping ] All Rights Reserved.
http://deepspa.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
WEB拍手
復活しました。
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
【ついった】
推奨してます。
同志さま!ぜひご一緒にv
M/推奨 /f推奨 「愛」のカタチは人それぞれ
お持ち帰りおkです^^
pixiv
駄絵保管場所
管理人連絡先
nicoojery☆yahoo.co.jp
☆→@に変換下さい。